FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させる方法と記録!

手法安定後ブログを通じて少人数コミュに参加。 リアルオフ会等を通してさらなる次元へ。 そんな私の自己記録と誰かのお役に立つかもしれない情報発信ブログ

なぜFX投資で勝つためにトレード理論が必要なのか。理論の役割と目的とは?

f:id:takayamafx:20191110003448j:plain

当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PC画面での閲覧を推奨
※直ちにすべての内容を読まれる方は以下のリンクより「 本ブログ 」にて※

 

fxtakayama.com

 

【前置き】

 

  以前、「理論とは何か?」についてその成り立つ過程や性質等について一つの見方を提示致しました。

 

参考記事 CLICK常識という言葉の前に盲目になってはいけない。理論とは何か?

 

そして今回はトレード理論のそもそもの役割と目的とは何か?

 

トレード理論に対する概念等や成り立ち等についての記事はこれが最後となります。

 

【今回の記について対象としている読者】

 

 ・場当たり的な検証を繰り返している方

 ・小手先の優位性や傾向を「手法」と勘違いしている方

 ・一貫性とは無縁の極裁量トレードを行っている方

 ・トレード理論の必要性について考えた事の無い方

 

【トレード理論の役割と目的とは】

 

 

・まずは単純に考えて見ましょう。

 

  こんな事を言われる方がいます。

  相場は上がるか下がるか二つに一つ。

  確率としては50:50の丁半博打だ。

  確かにこれは一つの見方として間違ってはいないでしょう。

  ある地点から特定のある地点(時間)まで時間を進める場合

  始点となった地点の値から上がっているか下がっているかは

  同値を覗けば確かに50:50と言えるかと思います。

 

・それを踏まえて考えて見ましょう。

 

 もし50:50という確率が成立するとするとトレードで利益を上げていくために

 必要な物がここから簡単に見えて来ないでしょうか?それは何か?それは、

 

「バイアス」です。

 

 バイアス、つまり偏りです。この場合、傾きと言っても良いでしょう。

 どういう事か?例えば50:50の図式が成り立つ場合この延長上にあるのは均衡です。

 しかしここに例えばたった1%の偏り・傾きがあったとしたらどうでしょうか?

 一定期間後の上げ下げの確率が49:51であったならどうでしょうか。

 

 この延長上にあるのは均衡ではないはずです。トレードの目的に沿った言葉で言えば

 長期的に見れば「稼げる」方へ収束してくれそうですね。

 

・つまり何が言いたいのか?

 

当サイトではここまで、

続きは本編は以下リンクより本ブログでお読みください。

 

fxtakayama.com

  

  

         ↓今日のオススメ記事CLICK

f:id:takayamafx:20190810002609p:plain