FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させる方法と記録!

手法安定後ブログを通じて少人数コミュに参加。 リアルオフ会等を通してさらなる次元へ。 そんな私の自己記録と誰かのお役に立つかもしれない情報発信ブログ

【FX】レンジ相場を存在しないと主張する私のシンプルなトレンドの定義

f:id:takayamafx:20191107230657j:plain

【FX】レンジ相場を存在しないと主張する私のシンプルなトレンドの定義
当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PC画面での閲覧を推奨
※直ちにすべての内容を読まれる方は以下のリンクより「 本ブログ 」にて※

fxtakayama.com

 

 

 レンジ相場は存在しない

 

 という立場を主張する私の

 

 シンプルなトレンドの定義について。

 

 

□ はじめに □

 

 私は以前、FX初心者向けの記事の一つとして

 

 レンジ相場は存在しないという記事を投稿しました。

 

 

CLICK ➡ 「 レンジ相場は存在しない。曖昧な言葉がトレードに混乱と間違った認識 」

 

 レンジ相場が存在しない理由や考え方は上記記事で確認下さい。

 なぜFX初心者・投資初心者向けとしてこの記事を書いたのか?

 それは早い段階で触れる情報がもたらす固定概念形成という

 負の作用に対して早い段階で手を打ち

 そこにある矛盾に気づくべきと考えているから。

 何度もお伝えしている言葉ですが、

 

「 常識を信じる理由が常識だからではいけない 」

 

 そんな主張を持つ私のトレンドの定義について本日は触れていきます。

 又、私のトレンドの定義が正解かどうかについても言及して行きます。

 一般的なダウ理論エリオット波動論、サイクル理論等、

 他のチャート上のトレンドの認識方法の違い等の理解がある場合、

 それと合わせて何が違うのか考えながら見て下さい。

 私の主張としてダウ理論エリオット波動論等はすべて

 ある決定的な問題点と言及すべき矛盾等を理由に

 一般読者の方へ利用を推奨しておりませんが

 その理由についてはまた別の記事にてご紹介。

 

 

□ 目次 □

 

 1. 高山のシンプルなトレンドの定義

 2. 一般的なトレンドの定義との違いについて

 3. トレンドの定義設定時に重視した事

 4. 私のトレンドの定義は合っているのか?

 5. トレンドの定義をチャート上で認識するために必要な事

 

 

□ 高山のシンプルなトレンドの定義 

 

 

▼ 前提となる相場モデル ▼

 

 レンジ相場は存在しない。

 これはつまりどういった相場モデルをイメージすれば良いのか。

 上昇トレンドが終わると直ちに下降トレンドになり、

 下降トレンドが終われば直ちに上昇トレンドが生ずるという事。

 つまりレンジ相場のような事後的に認識される恣意的な存在を

 許容せず常に値は上げ下げの連続性の中にあり、

 現在トレンドの推進・修正波いずれかの状態に明確な形で

 存在しているというモデルを想定している事になります。

 よってこの連続性を維持するために必要なトレンドの定義を

 設定している訳です。レンジ相場は存在しないという主張に

 矛盾の無い形の定義ともいえると思います。

 

【 高山式トレンドの定義 】

 

当サイトではここまで、

続きは本編は以下リンクより本ブログでお読みください。

 

 

fxtakayama.com

 

 

 

  

         ↓今日のオススメ記事CLICK

f:id:takayamafx:20190730003423p:plain