FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させる方法と記録!

手法安定後ブログを通じて少人数コミュに参加。 リアルオフ会等を通してさらなる次元へ。 そんな私の自己記録と誰かのお役に立つかもしれない情報発信ブログ

【FX・投資】常識という言葉の前に盲目になってはいけない。トレード理論とは何か?

f:id:takayamafx:20190929202443j:plain

当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PC画面での閲覧を推奨
※直ちにすべての内容を読まれる方は以下のリンクより「 本ブログ 」にて※

fxtakayama.com

 

▼ 本記事の対象としている無料読者 ▼

 

トレード初心者でありこれから自力で学習を行おうとしている方、トレードや投資における常識という物のスタンスや捉え方がわからない方、長年表面的なトレード手法ばかりを捜し歩き根本的な問いを立ててこなかった方、商材・手法難民と経てそういったところに答えはないと気づいた方等。

※私の受講生徒さんは充分に理解出来ている(からこそ受講している)はずですので本記事に関しては特に読む必要はありません。

 

▼ 前置き ▼

 

『 当たり前を当たり前で終わらせない 』

あなたが何かを新しく試みようとする時、堅実な方であればおそらく「その」世界の常識や基礎知識から学び始める事でしょう。では我々とトレーダーが住まう相場の世界の常識や一般知識についてあなたは堅実に学んだと胸を張れるような過程を踏んでこられたでしょうか?

今回はそこにYESと言える方々を対象にもう一歩考えて頂きたく筆を取っております。尚、今回の内容は23期卒業生のレビューを読む中で掲載対象に選びました。

 

 
 

 

『 今回問いたい事 』

 

・理論とは何か?

・本来最初に説明されるべきものとは?

  ➤ ダウ理論エリオット波動論における本来第一項目で説明が成されなければならない事は何か?

 

 

『 例えば相場の常識に当たる理論 』

 

誰が言い出したか知りませんが相場における常識の中には二つの有名な理論が鎮座しております。おそらくそのどちらかの理論を背景にトレードを組み立てている方が多いかと思います。

 

ダウ理論

 

エリオット波動

 

 

『 謎 』

 

 

エリオット波動論とダウ理論についてネットで調べようとすると両理論が供に相場の常識であるかのような扱われ方をされている事が多々あります。つまり二つとも重要であり必要不可欠かのような形で語られる訳です。しかしながら本当にそれらの理論について学び、理解した人間が書いているのであれば決してそのような事は言わない事でしょう。

 

なぜならこの二つの理論は相容れない要素を含んでいるためそこに調和・共生はありえないのですから。無料で常識と題した知識を掲載しているサイトのほとんどはアフィリエイトリンクに埋もれたサイトである事がほとんどでしょう。どんな立場の方々が書いているのか?という点から察するべきです。

常識とは何なのか?という事について。

 

立場の明示

 

ちなみに私はダウ理論をベースに足りない部分を補うように理論を構築しており、対してエリオット波動論は完全に否定しています。

何かを語るなら主張や立場を明示しないのはフェアでないと思います。

 

 

『 理論とは何か 』

さて本題に戻りましょう。

 

ところで理論とは一体何でしょうか?私は理論についてこのように考えます。基準や視点を定めた中で客観的に得られた観測結果をその傾向に寄せて仕訳、仮説から前提を組立それに即して体系化した物。

 

もしくは公表された何らかの実験データから得られた情報を土台に仮説を立てて体系化し出力した後の傾向を選り分けストーリー化した物。基本的に相場内においては前者が中心となって語られるべきでしょう。

 

 さて今述べた中で目にとめて欲しいキーワードが【基準や視点を定めた】という部分。

 

とにかくチャートを見ろ!なんていう乱暴なアドバイスや回答を行う講師というのはみなさんや私が思っている以上に多いそうですが、もしそこにチャートの見方に対しての「基準や視点」を定めずに「ただ」見るという事だけを強いているのならそれは非常に不毛で意味の無い行為だと言わざるを得ません。

 

何の基準も無くただ漠然とチャートをいくら見ても経験則は積もりませんし、何かに気づける可能性の非常に低いと考えるべきでしょう。一定の基準や視点が定められているからそこにある事象を選り分けられる物ではないでしょうか?基準や視点がなければ状況の違い、事象の違い、判断というものは生まれません。

 

つまり理論という物が観測から得られる事象の傾向の選り分け作業を始りとするのなら、そのさらに始りは基準や視点を定める行為から行わなければならないはずです。

 

例えば相場で言えば、ジグザグ構造 ➡ MWの連続体 ➡ Nという最小ブロック ➡ Nを構成する直線 ➡ 直線を構成する点、これらに対する認識方法が定められて初めて観測は始まるはずです。

 

つまりまず何か理論を説明するのであれば目次の最初に書かれるべき事はその観測基準や定めた視点、相場で言えば高値・安値についての定義とその認識方法が定められているべきではないでしょうか?であるのに関わらずダウ理論エリオット波動論を説明した理論書にはそれらの記述がされてない。どこにもないのです。

 

あくまで高値や安値や直線が「 認識出来た物 」として概念図上の解説から始まってしまっている。そこには理論の発生に対する矛盾が生じています。いくらそれが当たり前の理論だと教えられてもそれがチャート上で誰しもがまったく同じ環境認識を得られる基準が無いというのならその理論がそもそも機能しているのかしていないのかまったく確認しようもありません。

 

つまりまさしく机上の空論となってしまう訳です。

 

相場における理論というのはチャートを読み取る【文法】です。文法を理解するためには言葉を理解する必要があります。その言葉にあたるものが高値・安値なのです。そこに定義があるなら文法を展開でき、文法があるからチャートが読める情報に変わる訳です。理論とは何か?理論の発生のプロセスから考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

『 本来最初に説明されるべきものとは? 』

 

当サイトではここまで、

 続きは本編は以下リンクより本ブログでお読みください。 

 

 

fxtakayama.com

 

  

         ↓今日のオススメ記事CLICK

 

 

f:id:takayamafx:20190731222044p:plain