FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させる方法と記録!

手法安定後ブログを通じて少人数コミュに参加。 リアルオフ会等を通してさらなる次元へ。 そんな私の自己記録と誰かのお役に立つかもしれない情報発信ブログ

<FX初心者向>レンジ相場は存在しない。曖昧な言葉がトレードに混乱と間違った認識を生むという話。

f:id:takayamafx:20190808232455p:plain

当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PC画面での閲覧を推奨
※直ちにすべての内容を読まれる方は「 本ブログ 」で確認される方は以下のリンクより※

fxtakayama.com

 

「 レンジ相場は存在しないという事 」

  曖昧な表現はトレードの邪魔でしかない。レンジ相場という言葉を情報精査のフィルターに利用しよう ~

Kohlberger_not-even-nothing-can-be-free-of-ghosts_1

 

◎最初に、

 

 今日、この記事を読んだ方がその瞬間からレンジ相場という曖昧で

 実用性の無い言葉と離別し、レンジ相場を一つの情報レベルを推し量る

 フィルターとして利用する事でFXに関する情報の精査・取捨選択に

 役立てて下さる事を願います。

 相場に結果論を持ち込んではいけません。

 自ら管理すべきトレードに曖昧な言葉を持ち込んではいけません。

 チャートにおいては明確なルールと正確な波の座標・位置情報を持って

 「 いつから・どこまで・目的・現在・背景 」これらについて

 客観的で機械的な判断を下すべきだと私は考えます。

 想定までの段階においては裁量は不要なはずです。

 

◎レンジ相場とは何か、 

 レンジ相場とは一定の値幅間を上下しつつ形としては

 以下のような<ボックス>を形成する相場を指す。

 2

 故にボックス相場とも表現されます。値によるボックスではなく

 市場時間の区切りをボックスとする考え方もありますが

 これは厳密に言うと値に対して一般的な定義が当てはまらないので

 手法的な認識で良いと思います。(覚える必要はまったくありませんが)

 又、チャートフォーメーションの一種である

 ペナント・フラッグ等も性質的には同じ物であると考えます。

 3 4

 

◎レンジ相場を利用した代表的な手法、

(1)レンジ上限下限による逆張り的な売買手法

 5

 > この手法の問題点

 まずレンジが「 ある程度形成 」されなければスタンバイも出来ないという事。

 またトレンドと同じくレンジなる物もいつか終わりが来ます。

 とすれば後になれば後になるほどリスクは増大していきます。

 形成されてからではすでに遅いのです。

 そして最大の問題点は背景が無い事です。

 この売買に例えばボリンジャーバンドやフィボナッチを併用する方もおりますが

 それは「 ポジションの背景 」ではありません。背景あっての残りカス程度に付属される

 わずかばかりの根拠に過ぎないのです。

 とにかく遅い、背景が無い。冷静に考えればこの手法でトレードを行う気にはなれないかと思います。

 

(2)ボックス・ペナント・フラッグによるボックスブレイク手法

6 7

 > この手法の問題点

 先程の問題点と基本的には同じです。認識が遅く、その認識基準に根拠が無い。

 また最大の問題点として同様に背景がない。つまり基本想定がないのです。

 背景が無いという事は待っている売買が無いという事です。

 上に抜けたら買おう、下に抜けたら売ろう。

 これは想定とは言いません。想定とは売り・買い常に一つです。

 想定が移り変わるのも時系列、値と時間の

 経過に沿って起こる訳であり同時に二つはあり得ません。

 結果的に所謂フォーメーションなりボックスなりが形成されたとしても

 目線はどっちもではなく売りしか考えてない。買いしか考えていない。

 これだけなのです。相場についていくという言葉をはき違えてはいけません。

 相場についていくという事はこういった現象の前にトレンド・値の仕切りを持って

 すでに判断してまっている状態であるという事です。

 ボックスをブレイクした方向についていいく事が相場についていくという事では

 まったくありません。

 

[aside type="normal"]

関連記事

 ➡ 重要 「 想定はどこまで具体性を持たせられるのか 」FX初心者向け

 ➡ 重要 <FX初心者向け>「 いつ 」想定を立てれば良いのかという疑問について

 ➡ 重要 <FX初心者向け>FXにおけるルール作りに用いるべき素材とはどのような物が最適であるのか

[/aside]

 

 レンジありき、ボックス・ペナント・フラッグありきで

 想定は立ちません。主体になりえないのです。

 想定が終わった後の現象としてただそのような形になっただけであって

 この形自体はまったくもってどうでもいいのです。

 相場についていくという事の意味について例えば

 一度ダウ理論ベースで考え直してみるべきです。。

 

◎レンジ相場という言葉を使う人達が

 レンジ相場を認識するのはいつか、

woman-scare-and-shocked

 手法の問題点で述べましたが所謂レンジ相場及びペナントやフラッグについてそれらを

 認識できるタイミングというのは<ある程度形を成してからである訳です。

 その形成の定義も曖昧です。例えばボックスで言えば過去二点以上反発した場所と

 定義する人もいれば三点と言う人もいるでしょう。

 

当サイトではここまで、

 続きは以下リンクより本ブログでお読みください。 

 

fxtakayama.com