FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させる方法と記録!

手法安定後ブログを通じて少人数コミュに参加。 リアルオフ会等を通してさらなる次元へ。 そんな私の自己記録と誰かのお役に立つかもしれない情報発信ブログ

<FXトレンドフォロー>相場についていくのは簡単or難しい?【FX初心者に向けて】

f:id:takayamafx:20190820001935j:plain

当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PC画面での閲覧を推奨
※直ちにすべての内容を読まれる方は以下のリンクより「 本ブログ 」にて※

fxtakayama.com

『 相場に、

   ついて行きましょう(と言うけれど。) 』

 

 FXに限らず投資初心者の方が投資を学び出すと

 遅かれ早かれこんな言葉に遭遇する事でしょう。

 「 相場について行きましょう 」

 所謂トレンドフォローを心がけましょうという事ですね。

 ではこの相場についていくという事は難しい事なのか

 その事について一つの視点から本日はお話していこうと思います。

 

 相場にはいくつもの波が折り重なって

 多重フレームからなるトレンドを形成しています。

 ちなみにすべての波を獲りにいく事はできません。

 

 な ぜ ?

 

 すべての波を対象に想定を立てると縦軸「 今 」その瞬間に

 存在する想定が「 一つだけ 」に絞る事が出来なくなるからです。

 想定を立てる場合にも基準のフレームを持たなければなりません。

 そうすれば背景を背にたった一つの想定を最速のエントリーを可能に出来ます。

 しかり仮に波が織りなすトレンドのフレームを一つに絞って、

 そのフレームの上下トレンドにひたすら乗り続ける事が相場に

 ついていく事だとした時にそれは難しいと思いますか?

 

< 多重フレーム構造の波から任意のフレーム一つに絞る >

3

3-3

 

 答え. 簡 単

 

 相場においてもっとも遅いエントリーを繰り返せば任意のフレームの

 波が織りなすトレンドに乗り続ける事が出来ます。

 ここで言う「相場におけるもっとも遅いエントリー」とは…

 

 当サイトではここまで、

 続きは以下リンクより本ブログでお読みください。 

 

fxtakayama.com

 

 

         ↓今日のオススメ記事CLICK

 

f:id:takayamafx:20190808232455p:plain

 

「FXトレード初心者向け」【値は範囲で動いている】という事について<値の範囲とは前提である話>

f:id:takayamafx:20190817224431j:plain

当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PC画面での閲覧を推奨
※直ちにすべての内容を読まれる方は以下のリンクより「 本ブログ 」にて※

fxtakayama.com

『最新のお知らせ・FXスカイプ指導募集状況の確認はコチラ』

 

3-3  3

※無料記事用に掲載しているチャート画像は重要なライン・一部の波を消した物を掲載しています。

 

|今回のテーマ|

 

 値は範囲で動いており、値の範囲は前提となる。

 

|値の範囲とは|

 

 過去一度もつけた事の無い値を推移している時を除いて

 波のフレームに上限を付けずに把握するのであれば

 値は常にいずれかの左スイングの中にいます。

 つまり視点を変えれば値は常に

 修正波であるという事になります。(※1

 つまりそれは相場は常に値の範囲(前提)の中で

 動いているという事を指します。

 トレードには基本想定に対する前提など

 いくつかの前提が必要となります。

 今回のテーマにおける値の範囲もまた

 前提を持って接するべき物の一つです。

 

 上昇スイングであれば値の上限、

 下降スイングであれば値の下限を

 

 把握した上で想定上の戻りであれ推進波であれ

 エントリー及び決済を行っていかなければなりません。

 その時における値の上限・下限(基本前提)を

 超えて値を追う事はしてはいけません。

 前提無く値を追うという事は想定が常に

 曖昧な状態をキープされている事になります。

 値の範囲にしろ基本想定にしろ

 前提が無ければトレードは成り立たないのです。

 

 

※1

ただし実際には各フレームでトレンドが発生している訳ですので

その各フレームを個別に根拠と理屈を持って把握する事でトレンドフォローによる

トレードが可能になる訳です。トレンドとはどのフレームを「今」主軸に見ているかという

観測者主観による任意の物であるという事です。

 関連記事CLICK ☟

 FX初心者向け、値は範囲で動いている。戻りの範囲とは何か。

 

|値の範囲(前提)を破られた時|

Businessman-on-question-mark

 もし値の上限下限が破られた時とはでは何を意味するのか?

 これは3つ(厳密には四つ)の基点形成の

 もっとも単純なパターン、

 ダウ理論ベースの基点形成を意味します。

 つまり想定が変わる場面、

 想定が変わる境界線を意味します。

 境界線とは言い換えると基本前提とも言えます。

 

 ポジションを持っている時にしろ、

 買い・売りの想定を立てた上で

 その売買に必要な修正波の形成をまっている時にしろ、

 その時点での値の範囲(前提)を超えて

 ポジションの決済を(又は修正波形成を)

 待つ事はしてはいけません。

 前提を超えてそれを行うという事は

 基準がないままに運任せなトレードを行うという事だからです。

 

 当サイトではここまで、

 続きは以下リンクより本ブログでお読みください。 

 

fxtakayama.com

 

         ↓今日のオススメ記事CLICK

 

f:id:takayamafx:20190810002609p:plain

 

FX・投資の常識って何だろう?一番信じられる情報とは。

f:id:takayamafx:20190816031421j:plain

当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PC画面での閲覧を推奨
※直ちにすべての内容を読まれる方は以下のリンクより「 本ブログ 」にて※

fxtakayama.com

FXにおける常識とは何でしょうか?

 FXについて多くの情報を無料で取得する事ができます。

 FX業者のページ・商材販売を行っている方々の

 ホームページ上等でも学ぶ事が出来ます。

 そこであなたは「 似たような情報 」

 を多く目にするでしょう。

 「当たり前」「常識」そういった認識で紹介

 されている情報が徐々に頭の中でまとまりながら

 あなたの頭の中にもFXについて

 「 当たり前・常識 」という物が形成されていくでしょう。

 

こで質問です。

 その常識は誰が決めたのでしょうか?

 ここで一つ考えて欲しい事は、

 その常識を口にしている人達というのは

 トレードで稼いでいる方々では

 無い方々の方が圧倒的に多いという事です。

 その方々が、

 「 当たり前のように紹介している常識・知識 」とは

 

 トレードする事において本当に必要な

 常識であり知識であり正しい考え方なのでしょうか?

 

 実際にそこに紹介されているような事を

 チャート上で実戦しようと試みた時、

 多くの矛盾にぶつかるはずです。

 その矛盾こそが本当に見るべき

 考えるべきポイントであるという事。

 

っとも信じられる情報とは何か、

 私の言葉でしょうか?(笑)確かに私(自分)はそうです。

 ではあたにとっても私(高山)の言葉がそうなのでしょうか?

 答えは「 NO 」です。 

 当たり前を疑い、仮説を立て一つ一つを自分で定義しながら

 矛盾を埋めてトレードを構築していく。つまりあなた自身、

 自分で考えた事、見た事、確認できた事。

 この事以上に信じられる情報は存在しないはずです。

 

は小さな枠で指導を行っています。

 ですが自分で考え自分で構築できるならば、

 それが一番望ましい形だと思っています。

 なぜなら私自身がそうでしたし、

 なぜなら自分で構築しようと考えれば

 一つ一つを定義していかなければならず、

 その過程で「 矛盾を埋めていく作業 」を

 経ていく事ができるからです。

 そうするとピラミッド型に穴の無いトレードが

 構築され理路整然とした理解へつながります。

 一旦マクロ的に構造を把握し、

 ミクロに降りて構造順に一つ一つ矛盾を埋めていく。

 自分のトレードを説明する時に

 言葉に詰まるようではいけないと思います。

 

 その考えは誰かに教えるという行為を

 通してより強く思うようになりました。

 

 「 定義する 」という事がもっとも強力な武器である事。

 

 「 言葉 」で説明できるという事がもたらす客観的な視点と理解。

 

 自分で構築する分にはお金はかかりません。

 しかし時間はかかります。

 時間はお金よりも貴重な時限装置付きの保存できない財産です。

 当たり前を当たり前で終わらせない。

 当たり前を叩いて出るのは埃なんかじゃありません。

 案外掘り出し物が出てくるかもしれません。

 もし今頭にある「当たり前の知識」なり

 「当たり前のトレード」が実際のチャート上に

 体現出来ない&視認出来ないのであれば、

 一度その当たり前について考えてみるべきです。

 是非、自力でのトレード構築に

 チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 高 山

 

 当サイトではここまで、

 続きは以下リンクより本ブログでお読みください。 

 

fxtakayama.com

 

 

            ↓今日のオススメ記事CLICK

 

f:id:takayamafx:20190803001238p:plain

 

【FX初心者】相場の海でCatch a wave.

f:id:takayamafx:20190814205256j:plain

当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PC画面での閲覧を推奨
※直ちにすべての内容を読まれる方は以下のリンクより「 本ブログ 」にて※

fxtakayama.com

 

2

 

CLICK ➡ 最新のお知らせ・FXスカイプ指導募集状況の確認はコチラ

 

Catch a wave.

相場は直線情報を好みます。

それも最短距離を好みます。

無駄な情報を好まず「 解釈 」が一つの情報を好みます。

高値と安値を無視するという意味ではありません。

直線は最低でも二点間を要します。

チャート上でそれは<値><時間>で表す座標を意味します。

二点間の座標が織りなす直線の連続が波を生みます。

生まれた波はトレンドを描き続けながら大きな波へと移り変わっていきます。

 

波乗り達は波を選びその波が来るまで海を見つめただ待ちます。

その波が来たら波に向かってパドリング。

うまく乗れればその波を推進力に変えてスピードに乗り

自らのポジションがその波の一部となって駆け出します。

いずれ波が弱まりサーファーは波から降ります。

また海を漂い自分の好む狙った波を海を見つめてただ待ちます。

 

どの波に乗りたいのかを考えます。

その波が来た事を知る術が必要です。

座標から波をくみ上げる術

それが波を選ぶ事を可能にします。

相場の波は直線情報で示されます。

直線は二点間の座標が必要です。

 

座標が明確になると想定・エントリー・決済

ここにルールが生まれ時系列に沿った見方が生まれます。

左から右へと方向はただただ一方向へ流れます。

あなたの目はただただ左から右へと流れます。

時間と値で動いている以上それが自然な状態です。

そして想定から裁量という物が海の泡となって空へ消えていきます。

高 山

 

当サイトではここまで、

 続きは以下リンクより本ブログでお読みください。 

fxtakayama.com

 

 


 

「 FX順張りの王道・押し目買い/戻り売りがしたいと考えた時に、」

f:id:takayamafx:20190812035212j:plain

当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PC画面での閲覧を推奨
※直ちにすべての内容を読まれる方は以下のリンクより「 本ブログ 」にて※

fxtakayama.com

 

本日の関連キーワードは何か?

 #順張り

 #押し目買い

 #戻り売り

 #必要な事

 #波の認識

 #単一解釈の想定解

 

 

し目買いなのか、戻り売りなのか何をもって判断するのか

  トレンドを見て判断する。

 

レンドをどのように認識するのか

 ・相場におけるトレンドの定義

  上昇トレンド ➡ 安値・高値切り上がり

  下落トレンド ➡ 安値・高値切り下がり

 

はトレンドの定義が満たされなければ押し目は拾えないのか

 もし定義を満たした状態で初めて認識するという場合には

 最低3本の波をもって尚且つ、上昇トレンドであれば

 最高値、下落トレンドであれば最安値を第三波が

 更新した時点をもってようやく

 認識できるという事になってします。

 言い換えるとどういう事か?

 

 ☞ 最短5波からしか取れない事になってしまう。

 図.1

base1

 

かし第三波も獲りたい

  一体なぜ第三波を獲りたい? 

  ➡ トレンド内に置いてもっとも長いか不明だが、

    一番短くはないと「一応」定義されているから。

  ➡ トレンドは「必ず」いつか終わる。

    であるなら3波より5波、

    5波より7波というように推進を重ねる事に

    反転・転換の可能性つまりリスク

    が高くなるからより早く入りたい。

 

のためにはどうすればいい

  一波を持って転換・反転を示唆できるような基準を持つ必要がある

 図 - 1

base1

  基点想定(第一波)に対する認識を定義する必要がある

 

はどうやって

  例えば最もわかりやすい場合を例に挙げましょう。

 

当サイトではここまで、

 続きは以下リンクより本ブログでお読みください。 

 

fxtakayama.com

 

 

<FX・トレード>ロ―ソク足が教えてくれる一つのアプローチ「波のローソク化」

f:id:takayamafx:20190810002609p:plain

当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PC画面での閲覧を推奨
※直ちにすべての内容を読まれる方は「 本ブログ 」で確認される方は以下のリンクより※

fxtakayama.com

晴らしき素材ローソク足

 

 相場に置いて解釈が一つしか無い曖昧さの

 介在しない情報というのは非常に重要です。

 

 そういった物は相場において多くはありませんが

 その代表的な物がロウソク足でしょう。

 相場は時間と値で動いています。

 相場を支配しているのは時間と値なのです。

 この二つの要素を含み誰が見ても同じ情報が

 取り出せるのがロウソク足です。

 尚且つそれらを時列を持って指し示してくれます。

 ロウソク足最大の価値は曖昧さの介在しない情報であるという事。

 

で見るロウソク足

 さてそのロウソク足ですが形としては箱を成しています。

 実際には髭がありますが期間と値を

 漏れなく切り取ると以下のように表現できます。

81
 こうすると箱以外の何ものでもありません。注目して欲しい事は一つ。

 「 時間と値の把握にBOX(箱)という形はとても利用し易い 」

 ここで言うBOXは一般的な相場におけるBOXとは異なります。(以下で確認を)

 

CLICK ➡ <FX初心者向>レンジ相場は存在しない。

 

こから見える一つのアプローチ

 「 箱で見る 」というアプローチを

 波に対しても見てみようという事。

 私のトレードに置いて最重要項目である「 波 」。

 その波に対する情報を元々曖昧さの介在しない波のルールを

 より視覚的に捉えやすく正確すぎる罫線転用にも電卓を叩く上でも

 視覚的に用い易くするために有用であるという事。

0031 (1)

 

3-3

当サイトではここまで、

 続きは以下リンクより本ブログでお読みください。 

 

fxtakayama.com

 

<FX初心者向>レンジ相場は存在しない。曖昧な言葉がトレードに混乱と間違った認識を生むという話。

f:id:takayamafx:20190808232455p:plain

当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PC画面での閲覧を推奨
※直ちにすべての内容を読まれる方は「 本ブログ 」で確認される方は以下のリンクより※

fxtakayama.com

 

「 レンジ相場は存在しないという事 」

  曖昧な表現はトレードの邪魔でしかない。レンジ相場という言葉を情報精査のフィルターに利用しよう ~

Kohlberger_not-even-nothing-can-be-free-of-ghosts_1

 

◎最初に、

 

 今日、この記事を読んだ方がその瞬間からレンジ相場という曖昧で

 実用性の無い言葉と離別し、レンジ相場を一つの情報レベルを推し量る

 フィルターとして利用する事でFXに関する情報の精査・取捨選択に

 役立てて下さる事を願います。

 相場に結果論を持ち込んではいけません。

 自ら管理すべきトレードに曖昧な言葉を持ち込んではいけません。

 チャートにおいては明確なルールと正確な波の座標・位置情報を持って

 「 いつから・どこまで・目的・現在・背景 」これらについて

 客観的で機械的な判断を下すべきだと私は考えます。

 想定までの段階においては裁量は不要なはずです。

 

◎レンジ相場とは何か、 

 レンジ相場とは一定の値幅間を上下しつつ形としては

 以下のような<ボックス>を形成する相場を指す。

 2

 故にボックス相場とも表現されます。値によるボックスではなく

 市場時間の区切りをボックスとする考え方もありますが

 これは厳密に言うと値に対して一般的な定義が当てはまらないので

 手法的な認識で良いと思います。(覚える必要はまったくありませんが)

 又、チャートフォーメーションの一種である

 ペナント・フラッグ等も性質的には同じ物であると考えます。

 3 4

 

◎レンジ相場を利用した代表的な手法、

(1)レンジ上限下限による逆張り的な売買手法

 5

 > この手法の問題点

 まずレンジが「 ある程度形成 」されなければスタンバイも出来ないという事。

 またトレンドと同じくレンジなる物もいつか終わりが来ます。

 とすれば後になれば後になるほどリスクは増大していきます。

 形成されてからではすでに遅いのです。

 そして最大の問題点は背景が無い事です。

 この売買に例えばボリンジャーバンドやフィボナッチを併用する方もおりますが

 それは「 ポジションの背景 」ではありません。背景あっての残りカス程度に付属される

 わずかばかりの根拠に過ぎないのです。

 とにかく遅い、背景が無い。冷静に考えればこの手法でトレードを行う気にはなれないかと思います。

 

(2)ボックス・ペナント・フラッグによるボックスブレイク手法

6 7

 > この手法の問題点

 先程の問題点と基本的には同じです。認識が遅く、その認識基準に根拠が無い。

 また最大の問題点として同様に背景がない。つまり基本想定がないのです。

 背景が無いという事は待っている売買が無いという事です。

 上に抜けたら買おう、下に抜けたら売ろう。

 これは想定とは言いません。想定とは売り・買い常に一つです。

 想定が移り変わるのも時系列、値と時間の

 経過に沿って起こる訳であり同時に二つはあり得ません。

 結果的に所謂フォーメーションなりボックスなりが形成されたとしても

 目線はどっちもではなく売りしか考えてない。買いしか考えていない。

 これだけなのです。相場についていくという言葉をはき違えてはいけません。

 相場についていくという事はこういった現象の前にトレンド・値の仕切りを持って

 すでに判断してまっている状態であるという事です。

 ボックスをブレイクした方向についていいく事が相場についていくという事では

 まったくありません。

 

[aside type="normal"]

関連記事

 ➡ 重要 「 想定はどこまで具体性を持たせられるのか 」FX初心者向け

 ➡ 重要 <FX初心者向け>「 いつ 」想定を立てれば良いのかという疑問について

 ➡ 重要 <FX初心者向け>FXにおけるルール作りに用いるべき素材とはどのような物が最適であるのか

[/aside]

 

 レンジありき、ボックス・ペナント・フラッグありきで

 想定は立ちません。主体になりえないのです。

 想定が終わった後の現象としてただそのような形になっただけであって

 この形自体はまったくもってどうでもいいのです。

 相場についていくという事の意味について例えば

 一度ダウ理論ベースで考え直してみるべきです。。

 

◎レンジ相場という言葉を使う人達が

 レンジ相場を認識するのはいつか、

woman-scare-and-shocked

 手法の問題点で述べましたが所謂レンジ相場及びペナントやフラッグについてそれらを

 認識できるタイミングというのは<ある程度形を成してからである訳です。

 その形成の定義も曖昧です。例えばボックスで言えば過去二点以上反発した場所と

 定義する人もいれば三点と言う人もいるでしょう。

 

当サイトではここまで、

 続きは以下リンクより本ブログでお読みください。 

 

fxtakayama.com